シェルティー専門【Dog-search】について

シェルティー専門では、ブリーダーさん(子犬)とお客様の橋渡しをしております。
ブリーダーさんには、シェルティーと生活できる環境かを伝えることで、大切に育てた子犬を安心して送り出していただけるように心がけています。お客様には、現状からお渡しの間の状況を把握し、健康で安心なシェルティーをお迎えいただけるようにしています。


お客様の中には「実際にシェルティーの子犬をみたい」と見学を希望される方もみえます。ただ、実際にお客様だけで訪問したからといって何を気をつけなくてはいけないのでしょうか?
シェルティーの可愛さから決めようとしていませんか?
話しがうまいからいいブリーダーとは限りません。ブリーダーは販売のプロではなくその犬種を育てるプロです。

e0111737_19595637.jpg

当店はブリーダーと様々な話(犬に関することはもちろんコミュニケーション)をしたり飼育環境を見ていますので「シェルティーの可愛さ」だけではなくもっと大切な、ブリーダーの人間性、犬に対する愛情、接し方、こだわりも理解してお付き合いをしています。

同じ犬種でも育て方や価値感が違えば、同じ犬とは思えない育ち方や姿、性格にもなりかねません。



掲載しているシェルティーたちは、私が実際に訪問し、写真を撮り、親犬や飼育環境を見てきている犬たちです。

共通していえることは、自分のシェルティーの顔つき・スタイルにこだわりを持ち自信を持って育てている方ばかりなのです。

シェルティーの毛色


・セーブル:いわゆる一般的な白茶色です。
・トライカラー:正式名称はブラック&ホワイト&タン。名前の通り黒と白、茶色の配色。
・ブルーマール:白毛に灰色(グレー)と黒毛、茶色のある毛色。


シェルティー専門では、セーブルのシェルティー情報が多くブリーダーもセーブルを多頭飼いしている方がほとんどです。次にトライカラー、ブルーマールとなります。







[PR]
by dogsearch-chiwawa | 2010-02-10 19:56 | サイト紹介
<< チワワロング、ホワイト、オス チワワロング、セーブルホワイト... >>